JavaScriptを実行


REPLで実行

node

# 2の10乗
> 2**10
1024

# ブラウザのJavaScriptならあるdocumentオブジェクトは無い
> typeof document
'undefined'

# コアモジュールをいきなり使える
> fs.readdirSync('.')

# REPLの終了
> .exit

Node.js REPLの使いみち


スクリプト実行

node スクリプト.js

コマンド化: どこからでもファイル名だけで実行可能に

スクリプト冒頭に書くシェバン

#!/usr/bin/env node

実行権限の付与

chmod 775 スクリプト.js

環境変数PATHにあるディレクトリにスクリプトを配置


プログラムの終了: process.exit()

if (error) {
  process.exit(1)
}